カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

干支の基礎知識

干支の基礎知識


■干支とは

日本では単に十二支を「干支」と呼ぶことが多いようですが、干支は、本来、「十干」と「十二支」を組み合わせたもので、甲子・丙午など、60種類あります。

60種類になっているのは、紀元前の古代中国王朝で日付を60進法で記載するために作成された為。

干支を年にあてはめると、60年で干支が一巡し、起算点となった年の干支に再び戻ることから、60歳を「還暦」としてお祝いします。

四柱推命や風水といった、中国の占術や学問のもととなり、中国をはじめ、韓国やベトナム、ロシア、ブルガリアなどでも干支が使われ、日本でも古墳時代には、すでに使われていたようです。


■十干とは

十干(じゅっかん)とは、「甲」(きのえ) ・ 「乙」(きのと) ・ 「丙」(ひのえ) ・ 「丁」(ひのと) ・ 「戊」(つちのえ) ・ 「己」(つちのと)・ 「庚」(きのえ) ・ 「辛」(きのと) ・ 「壬」(みずのえ) ・ 「癸」(みずのと) の10種類をいいます。

中国の陰陽(*1)五行説(*2)を陽(兄 え)と陰(弟 と)にわけたものといわれています。
*1 全てのものは、「太陽と月」「動と静」といったように、裏表があり、相反するものを陰と陽に分け、お互いに補い合っているという考え方

*2 自然界にあるものは、全て「木」「火」「土」「金」「水」の五要素のどれかにあてはまるという考え方
紀元前中国では、太陽が10個あり、10日で一巡すると考えられていたため、日付を記録するために考えられた記号といわれています。


■十二支とは

十二支とは、おなじみの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・羊・申・酉・犬・亥の12種類。

十二支は、日本でも年や月をあらわしたり、時間や方角にも使われて、12時の位置に「子」、3時の位置に「卯」、6時の位置に「午」といったようにおき、子の刻、酉の方向といったように使われています。

時刻・月をあらわす 方位をあらわす干支
時刻や月をあらわす干支 方位をあらわす干支

干支羊 ヒツジチャーム 干支申 猿チャーム 干支巳SVへびモチーフチャーム
羊:7時 南南西をあらわす 猿:8時 西南西をあらわす 蛇:5時 南南東をあらわす
  →ページのトップに戻る



 ■十二支の疑問

「ネズミがなぜ一番最初にきているのか」、「ネズミや犬が入っているのに、なぜ猫は入っていないの?」など、ちょっと考えただけでもいくつか疑問があります。特に自分のお気に入りの動物が入っていない人としては、気になるところです。

十干・十二支は、もともと日付を記載するものとして利用される記号で、動物とは関係なかったようなのですが、人々が覚えやすいように動物があてはめられたようです。

また、 干支は、中国をはじめ韓国、ベトナム、ロシア、ブルガリアでも使用されていますが、各国によって動物が異なっています。


 ○なぜこの動物?


人々が覚えやすいように、身近な動物をあてはめたといわれているので、古代中国で家畜として身近だった牛・馬・羊・鶏・犬・豚(日本ではイノシシ)をはじめとする動物が選ばれたようですが、「龍」だけは想像上の生物です。

日本では、豚の代わりにイノシシとしていますが、これは日本で豚を飼う習慣がなかったためといわれており、韓国やベトナム、ロシアでも、イノシシではなく「豚」とされていますので、日本の「イノシシ」のほうが、特殊なようです

干支龍 ドラゴンチャーム 干支亥 イノシシチャーム 豚天使ペンダント
  →ページのトップに戻る


 ○なぜネズミが一番最初?

俗説によると、神様が門の前に一番最初に新年の挨拶にきたものを一番にするとした。
牛は真っ先に出かけて、一番に門の前についたが、門が開けられる時、牛の頭の上に乗っていたネズミが牛の前に飛びおりたので一番になったという説があります。
ということは、1番がネズミ、2番がウシ、3番めに寅が到着したということですね。
干支 ネズミチャーム 干支 ウシチャーム 干支 寅チャーム
1位 2位 3位
  →ページのトップに戻る


○猫はなぜ入ってないの?

猫好きさんとしては気になりますよね。
ネズミが集合の日をわざと間違えて猫に教えたので、猫は十二支に入ることができなかった。という俗説があります。ただ、ベトナムではウサギのかわりに猫。ブルガリアでは虎の代わりに猫も干支に入っています。
猫は、犬と並んで身近な動物ですものね。

後ろ姿の猫タイピン 干支戌 柴犬チャーム 干支卯 ウサギチャーム

○干支とは?? ○十干とは?  ○十二支とは?
○十二支の疑問   なぜこの動物?   なぜネズミが一番最初?  猫は入ってないの?
○干支の相性(次ページ)   →ページのトップに戻る


※内容はすべて、文献を参考に、言い伝えや俗説・学説等をご紹介したものであり、内容の真偽を問うものではありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100028294&eid=1