カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

数字背番号2桁シルバーペンダント(バチカンつきセミオーダー)

お好みの数字2つでお作りするセミオーダーペンダント


背番号2桁ペンダント

数字2桁ペンダント側面

10から99までお好きな数字をオーダーできます


2桁3桁数字ペンダント 全数字

野球やバスケットボール、ラグビー、バレーボールなど様々なスポーツで用いられる背番号をモチーフにした数字のペンダントチャームです。
ご自分の背番号はもちろん、お気に入りの選手の背番号やラッキーナンバーなど、思い入れのある数字を身に着けたい!というお客様のご要望で作成しました。
1桁の数字ペンダントを2つ購入して2桁のペンダントとして使用するという商品は多々ありますが、お好きな数字を組み合わせて1つのペンダントにするのはセミオーダーならではの贅沢なお品です。

本来、アクセサリーはスポーツ時にはとりはずすことをお勧めしますが、できるだけいつも着けていたい!という方のためにお勧めしたい、安定感のあるしっかりとしたペンダントトップです。

ネックレスつきの背番号2桁ペンダントは、ネックレスを通すために数字の上部をぬいてありますが、こちらは抜きをつくらず、二桁の背番号を組み合わせた後、1点1点バチカン(ネックレスを通す金具)をとりつけるための半円状の丸カンをとりつけていますので、更に手間がかかるセミオーダーペンダントになっています。

首元でなく、やや長めのネックレスで揺れるタイプをお好みの方にお勧めします。

サークルの卒業記念やスポーツをされる方へのプレゼントにもお勧めのシルバーアクセサリーです


太目長めのネックレスでゆったりとご利用可能


2桁用数字着用イメージ

数字コラム 不吉な数字? 13・4・9



日本では、4は音が「死」と同じで、不吉な数字とされ、マンションやアパートの部屋番号がなかったりします。
また、9は「苦」と同じとして「苦労」を思いおこさせるとして、あまりよい数字とは言われません。

ただ、これは日本語の発音による日本独特の考え方で、数秘術上ではまったく関係ありません。
同様に、西洋では「13」が不吉といわれますが、数秘術上ではそもそも「13」という数値は対象となりませんので、まったく関係ありません



数字背番号2桁シルバーペンダント(バチカンつきセミオーダー)

価格:

9,600円 (税込)

10の位の数字:
1の位の数字:
お届け姿:
オプション変色防止加工:
シルバーの変色防止加工を追加できます。
オプション誕生石追加:
お好みのルースを追加することができます
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品詳細

お好きな数字を2つお選びください
製作開始後のキャンセル・変更、返品・交換はできません
代金引換払・後払いはご利用いただけません
ご入金確認後の製作開始となります


■素材:シルバー925(SV925)
※オプションで変色防止加工(ロジウムメッキ加工)が可能です
■サイズ: 本体1文字 縦最大:13mm 幅8mm前後 厚み:3.6mm前後
■総重量: 5.2g 前後(数字80の場合、数字により若干異なります)
■ネックレス:別売り
※お勧め:小豆2.3幅50cmネックレス ※バチカン(ネックレスを通す金具)サイズ:内径縦7横幅4.3ミリ前後
かなり太いネックレスも通ります
■お届けまで:通常2週間前後(ご注文日時・地域により異なります)
■お届け姿:ギフトケース(銀箱+リボン)またはポーチ
※お客様のご要望により、受注後に製作させていただきますので、ギフトなどの予定がおありの場合は、余裕をもってご注文ください。

※オプションで 誕生石キュービックジルコニア文字入れなどを追加できます
ご希望の位置等はご相談ください

注意事項


ネックレスは別売りとなっています


2桁ペンダント着用イメージ

お好みにあわせてネックレスを選べるように別売りになっています。
大き目のバチカンを取り付けていますので、お好きなネックレスが選べます。抜きが一切ないしっかりとしたペンダントですので、45-50cm以上の長さ、幅1.8-2.3mm幅以上のしっかりとしたネックレスがお勧めです。バチカンの横幅は4.2mmあり、ファウニの取り扱いネックレスはすべて通せます(フック式もOKです)

 →1.8mm幅小豆ネックレス50cm
 →2.3幅小豆ネックレス60cm


変色防止加工ロジウムメッキ加工について

変色防止加工とは?


シルバー変色防止加工は、シルバーにロジウム(元素記号Rh 番号45のプラチナ系金属)という金属をメッキし、金属の色を調整したり保護します。シルバー独特の変色や汚れを防ぎ、ホワイトゴールドやプラチナのようにピカピカとした美しい輝きです。シルバーのほか、合金からホワイトゴールドにも使用されています。

ロジウムメッキ加工を施した金属は、見た目がすべてロジウム金属の色(白色)となりますので、プロでも見ただけでは、何の素材か分かりません。このため、プラチナ仕上げとも言われ、ホワイトゴールドやプラチナチェーンに取り付けてもご利用可能です(見た目で違和感はほとんどありません)。

日常のお手入れは、使用後にやわらかい布で軽く拭いてあげれば十分。
シルバークロスや、シルバークリーナーは使用しないでください(メッキがとれてしまいます)。
メッキは薄い被膜です。ぶつけたり傷をつければその部分から汚れが出てきます。

※ロジウムメッキ加工の他、金メッキ(K18イエローゴールド、ピンクゴールドメッキも可能です(お値段は同じです)。 ご希望の場合は、変色防止加工必要をお選び頂き、ご注文お手続き内(個人情報入力等)最後の備考欄にご希望の旨記載してください。

変色防止加工の下地について


ロジウムメッキや金メッキにニッケル下地を入れると、メッキのノリともちがぐんとよくなります。このため、市販のシルバーにメッキがされている商品にはほとんどの場合ニッケル下地が入っています。
しかしニッケル金属には、かゆみをおこすなどの接触性皮膚アレルギーを起こしやすい等のデメリットがあり、従来ファウニでは、肌に直接つけないネクタイピン・ブローチ以外には下地をいれず、直接メッキを施してきました。一方、皮膚アレルギーはなく、メッキもちをよくすることを優先したい、というご希望も頂きます。このため、お客様が選択できるようにいたしました。

【下地ありのメリット】
・変色防止加工が長続きします
・ピカッとした輝きができます

【下地ありのデメリット】
・かゆみがでやすい(接触性皮膚炎)
・ロジウムメッキ摩耗後不自然な色が出てくることがある

【下地なしのメリット】
・メッキの磨耗は自然で、メッキ摩耗が分かるような外的変化はありません。磨耗後はそのままシルバーとしてご利用可能です

※日本ジュエリー協会では、ピアスイヤリング等身体に穴を開けて用いる装身具にはニッケル含有貴金属を使用しない指針が出されています。このためピアスイヤリングについては、ニッケル下地のご希望はお受けいたしません

悩んだ場合は、「下地なし」をお勧めします


オプションでルース入れ可能です


背番号ペンダントルース入れイメージ

背番号数字ジュエリー

ルース入れはサンプルです。1ピースよりお好きな位置にご希望数おいれすることが可能です。
特にご希望がない場合で1ピースの場合は上記画像の位置にお入れします。ご希望がある場合はご注文時のメッセージ欄に記載してください。後程イメージ画像をお送りします

誕生石追加の詳細はこちらから
キュービックジルコニアはこちらから

1桁ペンダントのほか、数字背番号ブローチ(ネクタイピンにも使えます)もあります。