カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

数字背番号1桁シルバーペンダントチャーム

数字背番号ペンダント

野球やバスケットボール、ラグビー、バレーボールなど様々なスポーツで用いられる背番号をモチーフにした数字のペンダントチャームです。
ご自分の背番号はもちろん、お気に入りの選手の背番号やラッキーナンバーなど、思い入れのある数字を身に着けたい!というお客様のご要望で作成しました。
ペンダントのほか、携帯ストラップやキーホルダーに使えるフック式金具に変更も可能です。

背番号ペンダント着用イメージ

0-9までお好きな数字をお選び下さい


数字背番号ペンダント1桁全一覧

数字背番号1桁シルバーペンダントチャーム

価格:

4,000円 (税込)

数字:
金具仕様:
お届け姿:
オプション変色防止加工:
ロジウムメッキ加工
オプションネックレス:
小豆1.8幅45cm+5cmアジャスターつき
オプションキーホルダー:
SV925ボールチェーンキーホルダー2.0幅
オプション誕生石追加:
お好みのルースを追加することができます
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
携帯ページ

商品詳細

■商品番号:OT0704SN1
■素材:シルバー925(SV925)
※シルバー独特の変色汚れが気になる方には、オプションで変色防止加工(ロジウムメッキ加工)が追加可能です
■サイズ:本体縦最大:18mm 幅7.5mm前後 厚み:2.2mm前後
■総重量: 2g 前後
■金具:ペンダント用金具またはチャーム用フックを選択してください
■お届けまで:通常2週間以内(在庫・ご注文日時・地域により異なります)
※商品はペンダントトップのみです(ネックレスチェーンは別売です)
→お勧めネックレス:小豆チェーン1.8mm幅45cm+5cmアジャスターチェーン(オプションで追加できます)
→お勧めネックレス:小豆チェーン1.8mm幅45cm
→お勧めネックレス:小豆チェーン1.8mm幅50cm
※商品写真は見やすいように拡大しております。
実際のサイズは、着用イメージや、定規などでご確認いただくようお願いいたします

※オプションで変色防止加工、ルース入れ、文字入れが可能です。入れる位置、個数等はご相談に応じますので、お問い合わせください


オプション項目について

変色防止加工(ロジウムメッキ加工)とは?


シルバー変色防止加工は、シルバーにロジウム(元素記号Rh 番号45のプラチナ系金属)という金属をメッキし、金属の色を調整したり保護します。シルバー独特の変色や汚れを防ぎ、ホワイトゴールドやプラチナのようにピカピカとした美しい輝きです。シルバーのほか、合金からホワイトゴールドにも使用されています。

ロジウムメッキ加工を施した金属は、見た目がすべてロジウム金属の色(白色)となりますので、プロでも見ただけでは、何の素材か分かりません。このため、プラチナ仕上げとも言われ、ホワイトゴールドやプラチナチェーンに取り付けてもご利用可能です(見た目で違和感はほとんどありません)。

日常のお手入れは、使用後にやわらかい布で軽く拭いてあげれば十分。
シルバークロスや、シルバークリーナーは使用しないでください(メッキがとれてしまいます)。
メッキは薄い被膜です。ぶつけたり傷をつければその部分から汚れが出てきます。

※ロジウムメッキ加工の他、金メッキ(K18イエローゴールド、ピンクゴールドメッキも可能です(お値段は同じです)。 ご希望の場合は、変色防止加工必要をお選び頂き、ご注文お手続き内(個人情報入力等)最後の備考欄にご希望の旨記載してください。

変色防止加工の下地について


ロジウムメッキや金メッキにニッケルや銅メッキの下地を入れると、メッキのノリともちがぐんとよくなります。このため、市販のシルバーにメッキがされている商品にはほとんどの場合下地が入っています。
しかしニッケル金属には、かゆみをおこすなどの接触性皮膚アレルギーを起こしやすい等のデメリットがあり、従来ファウニでは、肌に直接つけないネクタイピン・ブローチ以外には下地をいれず、直接メッキを施してきました。一方、皮膚アレルギーはなく、メッキもちをよくすることを優先したい、というご希望も頂きます。このため、お客様がニッケル下地のあり、なし選択できるようにいたしました。(銅メッキ下地は行っておりません)

【下地ありのメリット】
・変色防止加工が長続きします
・ピカッとした輝きがでます

【下地ありのデメリット】
・かゆみがでやすい(接触性皮膚炎)
・ロジウムメッキ摩耗後不自然な色が出てくることがある
・再加工の際メッキ剥離等の手間がかかる

【下地なしのメリット】
・メッキの磨耗は自然で、メッキ摩耗が分かるような外的変化はありません。磨耗後はそのままシルバーとしてご利用可能です

【下地なしのデメリット】
・摩耗が早く、変色防止加工効果が早くなくなる

※日本ジュエリー協会では、ピアスイヤリング等身体に穴を開けて用いる装身具にはニッケル含有貴金属を使用しない指針が出されています。このためピアスイヤリングについては、ニッケル下地のご希望はお受けいたしません

悩んだ場合は、「下地なし」をお勧めします


オプションでルース入れ可能です


背番号ペンダントルース入れイメージ

背番号数字ジュエリー

ルース入れはサンプルです。1ピースよりお好きな位置にご希望数おいれすることが可能です。
特にご希望がない場合で1ピースの場合は上記画像の位置にお入れします。ご希望がある場合はご注文時のメッセージ欄に記載してください。後程イメージ画像をお送りします

誕生石追加の詳細はこちらから
キュービックジルコニアはこちらから

1桁ペンダントのほか、数字背番号ブローチ(ネクタイピンにも使えます)もあります。

数字コラム ラッキー7

「ラッキー7」という言葉を聴いたことがない人はいないのではないでしょうか?
でも、なぜ「ラッキーセブン」というかご存知ですか?

その由来は、聖書にかかれている「天地創造」の記載によります。

第1日目:天地をつくり、光と闇を作った
第2日目:水と空を作った
第3日目:陸と海をつくり、草木か術を作った
第4日目:年月日・季節をつくるため太陽と月を作った
第5日目:魚と鳥を作った
第6日目:家畜・人間を作った
第7日目:見事、天地ができあがり、生命が満ち溢れたので、この日をお祝いの日とした

このため、神の祝福を受けた日として、数字の「7」がラッキーな数字とされるようになったのです。

また、星座が季節の移ろいとともに規則的動くのにたいして、特殊な動きをする星を惑星とし、「火星」「水星」「木星」「金星」「土星」に太陽と月を加えた7つを神の住むところとするところから、聖数とするという説もあります。

このように、もともとはキリスト教や西洋でラッキーな数字とされたものですが、日本でも、産まれて7日目を「お七夜」といってお参りしたり、七福神など七を遣う例は沢山ありますね


数秘術・・・参考


古代より数には不思議な力があると信じられていました。
数秘術の父といわれる、ギリシャの数学者ピタゴラスによれば、数は自然を支配し、すべては数からできているといいます。

名前や会社の画数をかぞえて、吉凶を占ったり、生年月日から星占いを楽しんだり。。と、数字をテーマにした占いはおなじみのとおりです。

でも、画数って、日本や中国だけなのでは?

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。アルファベットに1から9までの数字をあてはめて合計し、最終的に数秘術で使う1から9の数字にする方法がちゃんとあります。

数秘術とは、氏名や生年月日を特別な計算方法により数字にし、固有に生まれ持った「運命数」や「宿命数」として、その人の運命傾向や性格などを占う方法のことをいいます。

実際には、ピタゴラスの生まれる何千年も前のエジプトやローマ、中国でも数秘術が行われていた証拠が残っているそうですので、歴史はかなり古いといえます。

※数秘術で扱う数値は、原則「1?9」の一桁の数値ですが、学派によっては「11」、「22」、「33」を例外的に加える場合もあるようです。


参考・・・西洋占星術と数字


古代より、星の存在は方角や農耕の季節をしるために欠かせない存在でした。
西洋占星術で使われる12の星座は、太陽の軌道上にある重要な星座として、特に重要視されていました。

太陽と月、水星・火星などの7の惑星は神の象徴・神の住むところとされ、各星座を支配し、それぞれに象徴として色(宝石)や数字を分類しました。
古代の人々も色や数値にパワーを認めていたのですね。

各惑星・星座に分類された数値は以下のとおりです


星座 生まれた月日 星座の支配星 象徴数値
牡羊座   3月21日 -  4月20日 生 火星 9
牡牛座   4月21日 -  5月21日 生 金星 6
双子座   5月22日 -  6月21日 生 水星 5
蟹座   6月22日 -  7月22日 生 2
獅子座   7月23日 -  8月23日 生 太陽 1
乙女座   8月24日 - 9月23日 生 水星 5
天秤座   9月24日 - 10月23日 生 金星 6
蠍座  10月24日 - 11月22日 生 火星 9
射手座  11月23日 - 12月21日 生 木星 3、7
山羊座  12月22日 - 1月20日 生 土星 4、8
水瓶座   1月21日 - 2月18日 生 土星 4、8
魚座   2月19日 -  3月20日 生 木星 3、7


※諸説があります。上記に紹介したのは、そのうちのひとつです。
※内容は、真偽を問うものではありません。