カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

七つ葉のクローバーシルバーペンダントチャーム

ネックレスにもキーホルダーにもつかえます


七つ葉のクローバーSVペンダント

七つ葉のクローバーペンダントSV925

七つ葉のクローバーとは?
モチーフの意味: 「無限の幸福」


クローバー(シロツメクサ)は一般に「豊潤・潤沢」といった意味をもちますが、3つ葉のクローバーは、「三位一体」(キリスト教における「父」と「子」と「神」の3者は一体であるということ)を示し、四葉のクローバーはその希少性から「幸運」といった意味を持つと言われ、世界中でラッキーモチーフの代表的な存在です。

四葉のクローバーを自然に見つける確率は、10万分の1といわれています。七つ葉のクローバーを見つけるということは、「奇跡」に近いといえます。

このため、七つ葉のクローバーを見つけた人には、「無限の幸福をもたらす」いといわれているのです(ヨーロッパ民間伝承)。
「四葉のクローバー」はラッキーモチーフというのは、ほとんどの人が知っていることですが、七つ葉のクローバーはかなり「レア」もの。
「うんちく」と一緒に、話題になること間違いなしですね。

こちらは、茎の部分に直接チェーンが通ります。通すチェーンの長さを変えれば、ペンダントの他、キーホルダーにもご利用いただけます。
プレゼントにもイチオシのラッキーモチーフです


チェーンを通してネックレスに


七つ葉のクローバーペンダント着用イメージ


チェーンを変えれば、お財布やポーチの飾りキーホルダーにも!


SV925七つ葉のクローバー利用例

チェーンを変えれば、お財布やポーチの飾り、携帯ストラップなど様々な用途にお使いいただけます。
オプションのボールチェーンキーホルダーを追加すれば、幅広い用途でお使いいただけます。


七つ葉のクローバーシルバーペンダントチャーム

価格:

3,800円 (税込)

オプション変色防止加工:
シルバーの変色防止加工を追加できます。
オプションネックレス:
45cm以内で長さ調整可。細め1.3幅小豆スライドネックレス
オプションキーホルダー:
SV925ボールチェーンキーホルダー1.5幅
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ



商品詳細

■素材:シルバー925
シルバー独特の変色汚れが気になる方には、オプションで変色防止加工(ロジウムメッキ加工)が追加可能です
■本体サイズ:長さ最大1.8cm
七葉縦最大12mm・横12mm前後 厚み最大4.4mm前後 
1葉 最大縦5.5mm・幅7mm前後
■総重量:2.3g前後
■お届けまで:通常翌日-1週間以内(在庫・ご注文日時・地域により異なります)
■ネックレスチェーンやストラップは別売りです。オプション選択肢で追加できます
※長さ調整できるネックレス:小豆1.3幅45cmスライドネックレス
1.5幅ボールチェーンキーホルダー


オプション項目について

変色防止加工(ロジウムメッキ加工)とは?


シルバー変色防止加工は、シルバーにロジウム(元素記号Rh 番号45のプラチナ系金属)という金属をメッキし、金属の色を調整したり保護します。シルバー独特の変色や汚れを防ぎ、ホワイトゴールドやプラチナのようにピカピカとした美しい輝きです。シルバーのほか、合金からホワイトゴールドにも使用されています。

ロジウムメッキ加工を施した金属は、見た目がすべてロジウム金属の色(白色)となりますので、プロでも見ただけでは、何の素材か分かりません。このため、プラチナ仕上げとも言われ、ホワイトゴールドやプラチナチェーンに取り付けてもご利用可能です(見た目で違和感はほとんどありません)。

日常のお手入れは、使用後にやわらかい布で軽く拭いてあげれば十分。
シルバークロスや、シルバークリーナーは使用しないでください(メッキがとれてしまいます)。
メッキは薄い被膜です。ぶつけたり傷をつければその部分から汚れが出てきます。

※ロジウムメッキ加工の他、金メッキ(K18イエローゴールド、ピンクゴールドメッキも可能です(お値段は同じです)。 ご希望の場合は、変色防止加工必要をお選び頂き、ご注文お手続き内(個人情報入力等)最後の備考欄にご希望の旨記載してください。

変色防止加工の下地について


ロジウムメッキや金メッキにニッケルや銅メッキの下地を入れると、メッキのノリともちがぐんとよくなります。このため、市販のシルバーにメッキがされている商品にはほとんどの場合下地が入っています。
しかしニッケル金属には、かゆみをおこすなどの接触性皮膚アレルギーを起こしやすい等のデメリットがあり、従来ファウニでは、肌に直接つけないネクタイピン・ブローチ以外には下地をいれず、直接メッキを施してきました。一方、皮膚アレルギーはなく、メッキもちをよくすることを優先したい、というご希望も頂きます。このため、お客様がニッケル下地のあり、なし選択できるようにいたしました。(銅メッキ下地は行っておりません)

【下地ありのメリット】
・変色防止加工が長続きします
・ピカッとした輝きがでます

【下地ありのデメリット】
・かゆみがでやすい(接触性皮膚炎)
・ロジウムメッキ摩耗後不自然な色が出てくることがある
・再加工の際メッキ剥離等の手間がかかる

【下地なしのメリット】
・メッキの磨耗は自然で、メッキ摩耗が分かるような外的変化はありません。磨耗後はそのままシルバーとしてご利用可能です

【下地なしのデメリット】
・摩耗が早く、変色防止加工効果が早くなくなる

※日本ジュエリー協会では、ピアス等身体に穴を開けて用いる装身具にはニッケル含有貴金属を使用しない指針が出されています。このためピアスについては、ニッケル下地のご希望はお受けいたしません

悩んだ場合は、「下地なし」をお勧めします